チラシを考える

001

お店のチラシを配布するならただ配布するだけではお客さんはやってきません。

チラシはお店の広告をできる手軽でよい手段ですが、考えなしに配布していては、ただの経費の無駄遣いです。

まず、チラシで何をしたいのか。何を載せるのか。

実際に印刷されたチラシを見て、お客さんはどう感じるか。

マーケティングに基づいてチラシの内容を決定しているか、配布地域は間違っていないか。

チラシを印刷する工程の一部分を挙げるだけでも、これだけ考えることはあります。

 

ただ、売りたいものがあるから、その情報を掲載してチラシを印刷している。

とりあえず、集客できればよいな、と近隣地域にイベント情報をチラシに印刷して、配布している。

 

こういったチラシを作っているお店や会社は本当にたくさんあります。

 

けれど、当たるチラシは、なんとなくただ、とりあえず、で作ったチラシではなく、

しっかりと考えられたチラシです。

 

チラシを作るまでに考えることは盛りだくさん。

 

けれど、そこに手間がかけられるかかけられないかが明暗の別れどころです。

 

たかがチラシ、されどチラシ。

当たるチラシを考えていきましょう。