素人っぽいチラシ

04プロのデザインと素人のデザインの違いは、データ作成時に使っているソフトの違い、テクニックの違い

が挙げられます。

出来る限りチラシの素人っぽさを抑え、印刷仕上がりを美しく見せるチラシ。

それをつくるコツがあります。

まず、印刷するデータを作成するソフトですが、IllustratorやPhotoshopを持っていない場合、WordやExcelなどのOfficeのソフトで作成することもできます。

※それらのデータをチラシとして印刷してくれるところ、印刷できないところがあるので、事前に確認しておきましょう。

Excel等で作成する場合、文字のアクセントや光彩などはうまく使用しないと「素人っぽく」なってしまいます。

Office系ソフトはデザインを得意とした用途に作られていないため、装飾が奇抜すぎたり、装飾をすると文字自体が読みづらくなったりするためです。

また用意されているクリップアートなどは極力使用せず、素材を別に用意するのがよいでしょう。

過剰な装飾よりは読みやすく、そして、デザインにも流行り廃りがあります。

素材は近年作成されたようなデザインのものを使用しましょう。

また色合いなどももともと色選択にあるような原色をたくさんつかうのではなく、自分で濃淡を工夫してチラシを印刷するようにし、素人っぽいデザインのチラシからスキルアップしましょう。