印刷枚数は最適か

06チラシの印刷枚数。

今お店で配布しているチラシは、最適な枚数ですか?

チラシの印刷枚数はお店側としては予算の範囲内でなんとか安く、と考えがちです。

それは当たり前のことで、これだけの金額で5,000枚印刷と折込ができます!というキャッチコピー。

そうなると、5,000枚と書いてある分だけ印刷しようという選択になってしまいます。

しかし、その枚数は適切ですか?

 

例えば、折込枚数。

都内であれば、5,000枚だと地域によりますが2販売所分ほど。ごくごく一部地域に配布するというところが多く、多摩地区や大阪中心部など住宅密集地に配布するとなると1販売所分も足りないところが多くあります。

目先の値段で配布枚数を決めてしまうと、十分に配布できず、チラシを印刷したのに反応がない!ということになってしまうのです。

チラシを印刷する場合はまず、枚数ありき、ではなくチラシを配布する地域、そして必要な枚数を決定し、チラシの印刷費用と照らしあわせて印刷枚数を決定しましょう。

また近隣地域に限定してチラシを配布するのではなく、人の動きを考えてチラシを配布することを考え、地域を選定しましょう。

駐車場もあり、移動経路として便利なところにあるのに近隣しかチラシを配布していない、などもったいないチラシはたくさんあります。

車で移動するのであれば車の行動範囲も含め、地域の特色や人の動きを加味し、チラシの印刷枚数決定をしましょう。