当たらないチラシには理由がある

10当たらないチラシを印刷し続けていませんか。

安さだけでひきつけているチラシにも言えますが、それは安さ以外に魅力があるかといえば疑問が残る…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今印刷しているチラシは、自信をもってすすめられるチラシでしょうか。

なぜかチラシが当たらない…という方は、その内容を一度練りなおしてみましょう。

なぜチラシが当たらないのか。

それは消費者の考えていることと、チラシがうまく合わないためです。

たとえば施設をリニューアルしたので、重点的にそれを広告、けれどまだ店舗やサービスの内容が周知されていない地域だったため、そちらの詳細を掲載したほうが実は反応がよかった。

という経営者側の目指しているものと消費者側の求めているものの乖離があり、当たらないチラシが印刷されてしまうことがあります。

客観的に見れば、こんなに簡単な事なのに…という気付きでも、経営者側になってしまうと日常に見慣れてしまい、なかなか原因に思い当たらないものです。

当たらないチラシをなんとかしたいと思うのであれば、消費者の声を拾うようなチラシの企画に変更し、経営者側の思い入れより、求められているものを、情報を届けられるようなチラシの印刷に変えられるようにしましょう。